介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

「生活の場」と「手厚い介護サービス」を提供する施設

寝たきりや認知症などで、常に介護が必要で自宅での生活が難しい方のための施設です。入所により、入浴・排せつ・食事などの介護、機能訓練、健康管理、療養上の世話などが受けられます。介護老人福祉施設は、老人福祉法では、特別養護老人ホームと呼ばれています。また、定員29人以下の小規模で運営される地域密着型介護老人福祉施設もあり、少人数の入所者に対して介護老人福祉施設と同様のサービスを提供します。

対象者

  • 常時介護が必要で在宅生活が困難な方(要介護3以上の認定を受けた方。要介護1、2の方でも特例的に入所が認められる場合があります)

サービスの内容

  • 食事、入浴、排せつなど日常生活上の介護
  • リハビリテーションなどの機能訓練
  • バイタルチェックなど日常の健康管理
  • 相談援助、レクリエーションなど
このウィンドウを閉じる